このサイトは顎関節症患者である私の経験を基にどの医療機関でも改善しなかった方々に向けた情報を
書いています。もし、あなたが顎関節症になったばかりであるならば、まずは口腔外科などの然るべき
医療機関を受診されることをオススメいたします。そこで改善されることを祈っております。
もし、長い時間をかけても改善しないようであれば、また、このサイトを訪れて下さい。
もしかしたら、顎関節症改善の糸口はあるひとつの気づきだけかもしれません。

噛みしめを止める

顎関節症の原因で記した昼と夜の噛みしめを止める訓練をします。それだけで治る?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、やるだけタダです。
良くはなっても、悪くなることはないのでこれは是非、実践してみてください。
器質的異常が認められる方は例外となります。
よく、口腔外科などではストレスを減らすために、運動をしてくださいとか
趣味に興じて下さいなどといわれますが、ストレスを減らすことはいいことですが、
いくらオフの時間にストレスを減らしても、日常に戻れば常にストレスは作られつづけます。
ストレスは現場で起きています。

現代人にとってストレスは避けられないもの、育児や仕事はやめられません。
自律訓練法などでひと時のリラックスを得られても日常で噛みしめていればほとんど意味
はありません。

私達、顎関節症患者はまじめな性格から残念ながらストレス耐性が低いのです。
避けられないストレスならば、ストレスから受ける悪い影響(噛みしめ)をなくすことが有効
と思われます。

これにより痛みのスパイラルを断ち切ります。
ただし、今日、噛みしめを止めたからと言って明日から痛みが消失なんてことは残念ながらありません。
毎日根気よく続けることで、1カ月、3カ月、半年後はきっと今よりも改善していると思います。
一緒にがんばりましょう。

日中の噛みしめ

正常な状態は上の歯と下の歯が2〜3mmほど離れていて接触しない状態です。
この状態を維持するためには、常に自分の中で意識して監視するしかありません。

長い時間をかけて作られた悪癖ですので、簡単なように思えますが、時間をかけて
訓練の必要な作業です。

気がつけば噛みしめていた。意識することを忘れていたなど初期の段階では
よくあることです。根気よくつきあいましょう。

ご自分の仕事環境、オフィスワークならパソコン、運転の仕事ならメーターパネルなどに
付箋紙を貼り「噛みしめない」と書いて常に意識することも非常に有効な手段です。
オフの時間も同様に噛みしめないということを意識しましょう。

無意識に行ってきた悪癖を治すことは非常に困難で時間がかかります。
そこで、潜在意識に作用するアファーメーションというメソッドも併せて活用してみてください。

アファーメーションについて

就寝中のプラキシズム

歯が痛くて目が覚めた。就寝中、寝起きなどに頭が痛いといった経験はありませんか?
その場合は間違えなく寝ている間に噛みしめ(プラキシズム)を行っていると考えられます。

日中の噛みしめと違って寝ているときの無意識の噛みしめをなくすことはとてもむずかしい
作業です。

スプリントを装着してもスプリントの上から噛みしめてしまえば意味がないかと思います。

自律訓練法などでリラックスして眠りについても寝てしまえば、噛みしめを行ってしまいます。
ここでも役にたつと私が思うのは前項でもふれたアファーメーションです。
是非、実践してみてください。

アファーメーションについて

体のゆがみや癖(悪い姿勢)を治す。エゴスキューの実践

姿勢不良も顎関節症の原因の一つだと思っています。
特にネコ背は顎には最悪です。ネコ背の姿勢では僧帽筋や胸鎖乳突筋が伸び
筋肉の代償作用がおこります。
これにより本来、頭を支えている筋肉にかわり顎周りなどの筋肉も駆使し
前に落ち込んだ頭を支えるようになってしまいます。

体のゆがみは自分の悪癖が引き起こしています。
例え整体やカイロプラティクスで一時的に治してもすぐに元に戻ってしまうでしょう。

これらを改善するために非常に有効なエクササイズがエゴスキュー エクササイズ
です。詳しくは
顎関節症に有効なエクササイズ(エゴスキュー)のページ
をご一読ください。
エゴスキューのホームページはコチラ↓
エゴスキュー顎関節症解消プログラム

痛みへの注視をやめる

何か趣味に夢中になっている間は痛いことを忘れていたという経験はありませんでしょうか?
痛みは注目すればするほど増幅するという特性をもっています。
逆に意識をそらせれば軽減します。
毎日、今日の痛みはどうかなと注視しつづけることで痛みを増幅してしまうのです。

口腔外科のように「気にしすぎ」などと言うつもりは毛頭ありません。
痛みは確実に存在します。気にするから痛いわけではなく痛いから気になることも十分
理解しています。

それでも、その痛みへの注視をやめる、痛みを無視するということを実践してみてください。
それだけでもあなたの痛みレベルは1〜2ぐらいは下がると思います。

エゴスキュー顎関節症解消法
<このサイトについて>
このサイトではの私の経験を基に私なりの考えを書いています。私自身は医療従事者ではなく、
いち患者であるため医療的根拠のない内容も含まれているかもしれません。
まずは口腔外科などの専門の医療機関を受診されることを強くオススメいたします。
当サイトの情報を活用される場合はご自身の責任の上行ってください。
当サイトでは責任を負いかねる旨、ご了承ください。

SIDE MENU